東京でシミ取り治療をしてみた

カウンセリングの結果レーザーの治療を受ける

当日は、クリニックではまず麻酔のシールを顔に貼りました。
レーザーで多少の痛みがありますが、麻酔のシールをはることも出来ますと言われたのでお願いしたのですが、これは中々面白かったです。
シールをはがして、歯医者の椅子のようなものに寝ころんでいよいよレーザー照射です。
口コミや、友人の経験からは輪ゴムで顔を弾かれる感じ、とは聞いていました。
しかし自分が想像したよりも大きな「バチン!」という音がしてびっくりしました。
痛みは麻酔のおかげかほぼ感じませんでしたが、刺激で体が少しはねるように動くのを、医師に「動かないで」と言われたのが参りました。
動く気はないのですが、勝手に反射して動くのです。
シミは両目の下あたりに2カ所ずつだったので、10分ほどで終了しました。
あとは軟膏を貰い、かさぶたが自然にはがれるまで触らないようにと言われて終わりです。
マスクをして帰り、その日にお風呂にも入れたので普段通りに過ごしました。
ただ一つ、洗顔できっちり洗えないのが困りましたね。
施術には化粧はしていかなかったのですが、これから毎日治るまで化粧なしってわけにはいきません。
クレンジングがしっかり出来ないのは困りものです。
しかし、その間は日焼け止めとアイメイク程度にして乗り切りました。

30代後半になり東京でシミ取り治療をしようと決意 | カウンセリングの結果レーザーの治療を受ける | 施術を受けるのは数日間外出予定が無い時がおすすめ